胎盤(プラセンタ)は胎児、つまり人や動物に必要なタンパク質・脂質・糖質の3大要素をはじめ、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸等、多彩な栄養素をその成分としています。

胎盤に含まれる主な栄養素

アミノ酸

ロイシン、リジン、パリン、スレオニン、イソロイシン等の必須アミノ酸のほか、グアラニン、アルギニン等十数種類のアミノ酸が含まれる

各種活性ペプチド

薬理活性の中心である活性ペプチドが数多く確認されている。糖類グルコース、ガラクトース、多糖体、グリコプロティン等

ビタミン

B1、B2、B6、B12、C、D、ナイアシン等

ミネラル

カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄等

酵素

アルカリホスフォターゼ、酸性ホスフォターゼ、ヒアルロニターゼ等、3つ以上が確認されている

核酸

DNA、RNAおよび代謝産物

ページの先頭へ